金の糸美容術の効果、体験、クリニック情報

金の糸の美容術と、その効果

金の糸とは、ゴールデンリフトとも言われ、皮膚の下の真皮に純金の糸を入れる美容法。金の糸の持つ効果で、皮膚自らがコラーゲンを作り出すように導かれ、顔のお肌はハリと若々しさを自然と取り戻します

金の糸の美容術ではメスは一切使用しません。ごく細い注射針の注射器を使って直系0.1oの純金の糸(24K)を顔のしわやシミ、たるみが気になる部分に挿入していきます。すると埋め込まれた金の糸に反応して免疫細胞がまず金の糸を排除しようとします。その効果で、金の糸の周りに新しい毛細血管ができ新陳代謝が促されていきます施術後2週間から1ヶ月もすれば細胞が活性化し、シミ、くすみの原因となるメラニン細胞や老廃物の排除も促進されます。活性化された細胞によりコラーゲンがどんどん作り出されていくという効果もあるので、肌は若返り潤っていきます。

これはまるで金の糸が皮膚の中でエステを行っているようなもの。金の糸が埋め込まれると、この効果がずっと続いて、お肌は血行がよくなり、ハリが出て、しわ・シミが目立たなくなり、まるで10〜15年ぐらい若返ったようなお肌になるでしょう。

以前から様々な学会で、金(純金)の持つ細胞活性力効果は極めて高いことが検証されてきました。古くはあのクレオパトラも、金の糸を使用して美容法を行っていたと言います。

金の糸はシワやたるみの改善にも効果的と言われ、個人差はありますが、施術後約1年ほどで目に見える効果が現れてくるようです。金の糸は純金の糸を埋め込むので体内で錆びたり溶けたりしません。お肌の中での効果は10年以上続きます

また金の糸の効果は少しずつ自然に出てきますから、周囲の人に気づかれる心配はありません。この古くて新しい美容術、金の糸の効果は少しずつ口コミで広がり、有名芸能人や美容に関心の強い人たちの間では評判の高い美容術になっています。金の糸美容法を施術してくれるクリニックは、東京をはじめ福岡、大阪、名古屋、札幌など全国にあります。お近くの美容外科クリニックもチェックしてみてください。

金の糸のメリット・デメリットと、口コミ体験談

体験者があげている金の糸美容術のメリットは、

1.ごく細い注射針を使用し、また麻酔もかけるので痛みはほとんどない、
2.範囲にもよりますが、金の糸美容術なら顔で10〜30分、顔と首で60分という短時間で終わる、
3.純金の糸は錆びたり溶けたりせずに安全性が高く、アレルギー反応はほとんど起こさない、
4.金の糸によりあまり顔が腫れることはないのですぐに日常生活に戻れること、
5.一度挿入された金の糸は皮膚の中で効果を発揮し続けること
などたくさんあります。

また金の糸のデメリット
1.金の糸美容法の費用が大変高いこと
2.評判は高いのですが、日本ではまだ症例がロシアや欧米ほどはないこと、などでしょうか。

金の糸の費用は美容クリニックにもよりますが、顔のセットで80万円ぐらい(パーツだともう少し安い)、顔と首のセットだと100万円以上します。またもうひとつのデメリットである症例の少なさですが、これは美容外科の先生の中には金の糸美容術の本場、ロシアに研修に行って腕を磨いている医師もいるので、そういう美容クリニックを選ぶといいでしょう。

また金の糸は、肌の力がだいぶ落ちてきたので若返らせたいと思う40代、50代、60代など年配の方が受けたほうがいい美容法のようです。20代などの若い方が施術すると、逆に自然な表情がなくなってしまうようです。

金の糸の体験者の話では、他のフェイスリフトと同じで、効果にとても満足した人も多いのですが、反対にあまり効果が見られず失敗したと考える人もいるようです。効果に満足している人の例では、例えば3ヵ月経ったころから気にしていたシミが薄くなり、お化粧で無理に隠す必要が無くなったので性格も大変明るくなったと喜んでいます。また、お年寄りのように首のしわやたるみがたくさん出ていたのに、金の糸美容法ですっきりして、どんな服でも着られるようになったという体験者の口コミもあります。反対に失敗した体験者では、しばらくして純金の糸が皮膚から出てきて困ったというクレームが多いようです。金の糸はとても丈夫なので自分でハサミで切るのは結構大変のようです。

金の糸の効果に満足する体験者の共通点には、充分なカウンセリングを受けていたということがあるようです。きちんとカウンセリングを行う経験豊富な美容外科クリニックを選び、メリットやデメリットをしっかり聞いてから、金の糸美容術をうけることが大切でしょう。